詩中心の隠れ家的ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
蚊帳の外の鳥
空を泳ぐ魚

指先でつつくと

泡のように消えた


、。・:*、。・:*


戯れる小鳥

投げ出された私は

蚊帳の外の鳥

震えを抑え込んで

独り立ち竦むの


紅い月

慰めるように嘲う

立ちはだかる雲は

闇のようで

存在を消していた


冷たい眼

怖いくらいに痛く

温かな手のひらを

裏返してつねった

涙を堪えて空を仰ぐ


虹の架ける橋

夢の宝箱

星と月を詰め込んで

手を繋いで走る

世界の果ては

こんなにも輝いている


空想詩歌 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://nekoirazu.jugem.jp/trackback/43