詩中心の隠れ家的ブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
空を描く虹のように
耳に残る、鈴の音。


白い紙で、空気を切り裂く。


一帯の気を、研ぎ澄ました。



、。・:*、。・:*



飛び跳ねるウサギ

赤い目を潤して

小さな尻尾をしまいこむ


金木犀の甘い香り

赤い絨毯のような花

秋の風に微笑んだ


明るい笑顔で

暗闇に光を宿す

綺麗な花が咲いたの


見て

赤い 赤い 彼岸花

白い 白い 彼岸花


この時期に生まれる

この花々は

回帰の念を呼び起こす


私はここにいるよ

引き継がれた思いを

ずっと守っているよ


途絶えさせることなく

一本の紐を共有するように

みんなで手を繋いでいくの


忘れない

忘れない

忘れないよ


空を描く虹のように

不安定なものでも

確かにそこにあるから




空想詩歌 / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment